清和海運株式会社

清和海運は陸・海・空 総合物流のトータルコーディネーターです。

輸出入に関するお見積り・問い合わせは清和海運へ


先輩社員紹介|清和海運

先輩社員紹介清和海運

男性先輩
Q1
タイ人特有の”のんびり”感が漂っておりますがタイ人スタッフも皆若く明るい雰囲気が極めて良好です。
タイ・ローカルとの合弁会社であるSPLは2005年3月に設立されて2007年11月に新倉庫での業務がフル・オペレーションとなりまだ一年しか経過しておらず、全てが新しくフレッシュです。
Q2
倉庫にて一顧客2工場分の部品約9,500品番の在庫管理を行ってます。海外・国内の部品工場から貨物を受け保管し、工場側の出荷要求に沿って、必要数を必要なタイミングに届けられるよう庫内でのピッキング作業・出荷作業を行っておりますが、これら一連の作業の品質・生産性・コストの管理をするのが日々の仕事です。もちろん現場のみならず日本人/タイ人顧客との折衝や情報取りも常に行っており、体一つでは足りないくらい忙しいのですが、本当に充実した毎日を送ってます。
Q3
入社4年目のときです。ベトナムにある大手船会社の駐在員事務所で勤務することになりました。船会社のヴェトナム人スタッフは英語を当たり前のように話し、第二外国語を話せる者も多く働いていた為、赴任の3年間は英語でコニュニケーションを図りながら卒なく仕事をこなせるよう、とにかく必死でしたね。
Q4
仕事中はポケット辞書を離さず、思いついた事をすぐに調べ語彙を増やすように常にしてました。
自分の言いたいことをできるだけシンプルにし伝えることを心がけ、身内のスタッフを練習台に分かりきったことでも常に話しかけてました。(相手のヴェトナム人もいちアジア人、ネイティブ・スピーカーでないので、気取らず割り切って”JAPANESE ENGLISH”喋り捲ってました。今思えば本当に通じていたのかは疑問ですが・・・(笑))
Q5
あります!
Q6
入社当時より海外勤務志願だったのですぐにそのチャンスを与えてもらったときはこの会社に入ってよかったと思いました。 また一度のみならず、海外での新規ビジネス開拓のプロジェクトにも携わり、現地法人・合弁会社の立ち上げから新規ビジネス獲得やオペレーションの立ち上げ等現在に至るまで、新規ビジネス獲得やオペレーションの立ち上げ等現在に至るまで、他社では実現できなかったであろう貴重な経験をさせてもらっている今こそ、この会社に入社してよかったと感じてます。
メッセージ
就職活動を通し自分の選んだ(自分が選ばれた)会社で自分のやりたいことができている人がどれだけいるかわかりませんが、僕がこの会社を選んだのは、それを実現できる可能性をもっていたことがその一つの理由です。就職後は、自分次第で、現実を受け止めながらチャンスを伺う・掴む・・・運もあるとおもいますが、自分自身でやりたいことを明確にし、就職活動中の面接の時から、その意思を伝えておくことは大切であったと思います。
皆さん、正直早く就職活動終りたいですよねぇ?! 残りの少ない貴重な学生生活を、何か自分の能力を磨く時間を設けつつ社会にでる準備をしながらエンジョイすればより充実した毎日になるのではないでしょうか。皆様就職活動頑張って下さい!

PageTop