このページを印刷する

清和海運株式会社

清和海運は陸・海・空 総合物流のトータルコーディネーターです。

輸出入に関するお見積り・問い合わせは清和海運へ


会社沿革|清和海運

会社沿革清和海運

昭和24年8月 当社の前身、清水通商株式会社設立。倉庫業、船舶代理店業、海上貨物及び税関貨物取扱い業、保険代理業の各営業開始。同時に三井船舶株式会社代理店となる。 東京事務所(現京浜支店)開設。
昭和39年4月 海運集約化に伴い大阪商船三井株式会社(現(株)商船三井)の代理店となり、これを契機 に増資並びに陣容を強化し、社名を現在の清和海運株式会社と変更。
昭和43年5月 業務の進展に伴い現在地に本社ビル新築。邦船による本格的フルコンテナーサービス開始 に当たり、海上コンテナーの国内輸送を主目的として、M.O.L.の陸送部門I.C.T.が 設立され、I.C.T.清水出張所としてコンテナーの取扱い開始。
昭和45年1月 興津コンテナー埠頭整備にあわせて、同地区進出。 興津1号倉庫完成。
昭和46年10月 浜松インランドデポ完成。隣接地に浜松1号倉庫を建設し、浜松地区における倉庫、海運貨物取扱いの営業開始。
昭和48年3月 一貫元請、複合輸送体制に対処する為「一般港湾運送事業免許」(限定)を取得。
CY・CFSの運営開始。
昭和48年7月 「一般区域貨物自動車運送事業免許」を取得。一般貨物の国内輸送開始。
昭和53年10月 東部地区の荷主サービス強化の為、沼津営業所(現三島営業所)開設。
昭和54年1月 陸運部門を分離独立し「清和トラック輸送株式会社」設立。物流管理部門にコンピューター
システム導入。
昭和56年12月 袖師第一埠頭内清水コンテナーターミナル整備に併せて袖師保税上屋完成。
昭和59年4月 浜松地区輸出コンテナー取扱い需要が増加、並びに梱包、輸出入物流サービスの向上を
目指し、市内流通元町に5階建倉庫建設。更に営業活動の効率化を図る為浜松事務所を
支店に昇格し同地区に移転。
昭和63年4月 浜松国際物流センター開設参加。
平成3年4月 川崎市東扇島に倉庫完成に伴い、東扇島事務所開設。
平成3年4月 竜洋倉庫完成に伴い、竜洋営業所開設
平成3年5月 豊橋出張所開設。
平成7年5月 清和海運(香港)有限公司設立。
平成8年12月 清水工業団地内に倉庫完成、宍原センター開設。
平成10年5月 御前崎出張所開設。
平成10年9月 興津国際流通センター開設参加。
平成11年4月 東扇島倉庫と一体となり、サービス向上を図るため、東京支店を川崎市に移転し、京浜支
店開設。
平成11年11月 ISO9002を全部門で取得。
平成12年7月 (株)エムオーエア静岡(現(株)エムオーエルロジスティクス静岡)を設立。
平成12年10月 竜洋センター開設。
平成14年11月 ISO9001へ全部門移行。
平成15年4月 上海駐在員事務所開設。
平成15年10月 清和海運(タイランド)設立
平成17年3月 清和パイオニアロジスティクス設立。
平成17年10月 清和(上海)国際貨運代理有限公司を設立。
平成17年11月 豊川営業所開設。
平成17年12月 深セン駐在員事務所を開設。
平成18年8月 清和海運(ベトナム)設立。
平成19年8月 米津物流センター開設。
平成19年11月 掛川物流センター開設。
平成20年5月 清和(上海)国際貨運代理有限公司深セン分公司設立。
平成24年9月 SEIWA PIONEER INTERNATIONAL FREIGHT CO.,LTD. 設立。
平成25年4月 ジャカルタ駐在員事務所設立。
平成27年4月 新清水物流センター開設。
平成27年12月 SEIWA KAIUN INTERNATIONAL FREIGHT VIETNAM CO.,LTD. 設立。
平成28年3月 なかやま運輸株式会社(平成28年10月 清和物流株式会社に社名変更)の株式を取得。
平成28年11月 菊川物流センター開設。

PageTop